災害はイツデモやって来る。だから、イツモ、ココロの準備を。

災害イツモマインドセット

災害は時間や場所を
選ばずにやってくる。

災害イツモマインドセット
防災男・永田宏和

ライフラインが止まる。
それは原始生活以下になる
ということです。

災害イツモマインドセット

災害イツモマインドセットとは

私たちは災害列島の上に暮らしています。
阪神・淡路大震災や東日本大震災をはじめ、
さまざまな被災体験をとおして、
災害への備えを学んできました。

ところが、実際に被災していない人は、
防災の大切さはわかっていても、
「いま」でなくてもいいと思っています。

災害イツモマインドセットPROJECTでは、
これまでの災害被災地で得た知見にもとづいて、
イベントを開催し、グッズを紹介し、情報を発信することで、
災害列島に暮らすすべての人たちの防災意識が高まり、
ぼんやりしていた災害への備えが、
いつもクッキリすることを目指しています。


ライフラインが止まる。
それは原始生活以下になる
ということです。

日本ではさまざまな被災体験をとおして、
防災に対する考え方をあらため、
災害に備える道具も進化してきました。

なかでも大きいのは、
耐震基準を満たしている建物が増えたことです。
とくに都会では、大きな地震が起こっても
建物が倒壊する確率はとても低くなりました。

そうなると、避難所で避難するのではなく、
自宅で避難する、という選択肢のほうが増えてきます。

ところが、自宅で電気・水道・ガスという
ライフラインが停まっている状況で、
どうやって1週間を過ごすのでしょうか。

電気・ガス・水道が1週間止まるということは、
1週間、原始生活以下になるということです。

私たちは、阪神・淡路大震災以降、
たくさんの被災者の方々の声に耳を傾けてきました。

その知見を、イベントを通して伝えたり、
具体的なグッズを紹介・販売したりすることで
共有していきます。

永田宏和
総合監修

永田宏和 ながた・ひろかず

1993年大阪大学大学院修了。2005年ファミリーが楽しく防災を学ぶプログラム「イザ!カエルキャラバン!」を開発。2006年NPO法人プラス・アーツを設立し、理事長に就任。現在、全国各地及び、東南アジア、中南米など海外での防災教育普及に積極的に取り組む。東京ガス、東京メトロ、三井不動産グループ、無印良品、NHKなど企業・メディアの防災アドバイザーも数多く務める。TBS「情熱大陸」、日本テレビ「世界一受けたい授業」出演。


災害イツモフォーラム

2018年1月19日(金)に、
豪華ゲストを招いて
イベントを開催します。


PAGE TOP